引越しで本棚は解体せずに棚板をそのままで持っていく方法。中身を出さずに梱包できると便利で楽

引越しを行う際に困るのが大型の家具です。
電化製品などは運ぶのは手間ですが、とりあえず運べばすぐに使うことができます。
しかし本棚などは大きい上に中に本がみっちり詰まっていると重すぎて運ぶのは大変です。
中身を抜いても解体しなければ運べないと言われるかもしれません。
そこでここでは本棚を解体せずにそのまま運ぶ、中身も詰めたまま運ぶ方法について紹介していきます。

・引越しの時に本棚はどのように運ぶの?

引越しの際に本棚を運ぶ際は引越し業者によって対応が変わります。
また、同じ業者でも引越しプランやオプションの利用などによってやり方が変わることもあります。
例えば、もっとも基本的な引越し業者であれば引越し当日までに「本棚の中身は空にしておく」「分解できる大きい本棚は分解しておく」などが言われます。
本棚は別にダンボールなどに詰めて運ぶことになります。
そして引越し業者は本棚だけ、もしくは本棚の部品だけを指定された場所まで運びます。
組立なおしたり本を詰めたりするのは自分ですることになるのです。

  • 基本は本は別に運ぶ
  • 解体できる本棚は解体する
  • 業者は組み立ててはくれない

・本棚の解体が必要な時はどんな時?

本棚を必ず解体して運搬する必要があるのは大きく分けると2種類あります。
「解体しないと運搬することが困難である」
入り口が狭い、運搬経路が大きいままだと通らないというときには解体する必要があります。
これは組み立て式の本棚を部屋の中で組み立てたときなどによく起こることです。
「本棚にガラスの扉がついている」
これは必ずガラスの扉部分を外して別にする必要があります。
そちらは「ワレモノ」扱いで運搬しなければいけないからです。
ガラスの扉がついたまま運搬すると運搬時にぶつけたり、トラックの振動などで割れてしまう可能性があります。

・本棚の分解方法
本棚を分解するのはかんたんにいれば組み立てたときと反対のことをしていきます。
引き出しや中板を全部抜いていき、背面の板を外します。
天板や底板を外せば、完全に板だけの状態にすることができるでしょう。
板だけの状態であれば運ぶのも容易ですし、ぶつける可能性も減ります。

・本棚の中身を出さずにそのまま運ぶことはできる?
結論から言えば本棚の中身を抜かずにそのまま運ぶことは可能です。
ただしそれにはいくつかの条件があります。
まず本棚自体が大きすぎないことです。
本棚が大きすぎる場合、一般的には170cmを超えるような高さの本棚で、それに本が詰まっている場合はたいていの業者で断られます。
これは大きさの他に「重さ」も関わってくるからです。
170cmを超えるような大型の本棚に本がみっちりと詰められていると重量もかなりのものになります。
こうなると運搬時にぶつけたり破損する可能性が出てきてしまいます。
また、トラックの振動は上下左右あらゆる方向からきますので、背面の板が本の重さで破損する可能性が出てきます。
こういった本棚の場合はすなおに中身を抜きましょう。
他には、引越し先が長距離であるということも関係してきます。
運搬距離が長ければそれだけ運搬中に本棚が傷む可能性が高くなります。
距離が遠すぎる引越しの際は本をそのままでは運べないのです。

  • 条件によっては中身がそのままでも運搬は可能
  • 大きい本棚の場合は不可能である
  • 引越しの距離が遠すぎる場合も不可能である

・本棚の中身を出さずに梱包する方法をご紹介
本棚の中身をそのままにして運搬する際に気を付けるのは「本が飛び出してしまわないようにする」ことです。
しっかりと中身を固定しておかなければ中身が飛び出てしまったり、バラバラになって変に折り目がついてしまったりして本が台無しになってしまいます。
そうならないためにはまず中身の本の大きさを棚ごとにある程度揃えておく必要があります。
本のサイズがバラバラだと固定させにくいためです。
そしてダンボールなどを押し当ててガムテープで固定していきます。
この際に紙のガムテープを使用すると本棚の板が剥げてしまったりします。
布のガムテープを使うようにしましょう。
そして本棚ごと引越し用の緩衝材、梱包材で巻いて運搬するのです。

・本棚を解体せずに引っ越す時の注意点
本棚を解体せずに引っ越す際に注意しなければいけないのはやはり大きさです。
組み立て式などの本棚は部屋の入口よりも大きいということがざらにあります。
そのため運び出す際や運び入れる際は横にして運ぶのですが、本棚は四角で角があるためにぶつけやすい形をしています。
壁紙などは簡単に破れてしまいますし、本棚自体も傷めることになります。
また、運搬中の「変形」にも注意が必要となります。
天板や底板に横板や背面の板をはめ込んでいるタイプの本棚などはそのまま運搬するとズレてしまって変形してしまうことがあります。
変形を防ぐために紐などで本棚を縛って運搬するというのが一般的になっています。
その上からタオルや毛布、緩衝材などで巻くパターンと、特に梱包はせずにそのまま運ぶパターンがあります。

・事前に引越し業者に本棚のことは相談する
引越しをスムーズに進めることができない理由の一つに「業者への連絡不足」というものがあります。
これは本棚に中身が入ったまま運んでほしいのに事前に業者に相談しておらず、当日に混乱するということを引き起こします。
最悪の場合は当日に本棚の中身を抜いて別に梱包しなおしたり、どうしてもそのまま運ぶ場合は別料金が加算されたりすることもあります。
本棚はどういった大きさで、中身の本をどうするのかを必ず前もって業者に相談しておきましょう。
それによって運び方や人数、料金などが変わる可能性があります。

  • そのまま運べるかどうかは自分で判断しない
  • 状況によっては別料金を請求されることもある
  • 必ず事前に業者に相談しておくこと

・小さな本棚のみそのままにする。
基本的に本棚の中身は抜いて引越しするものですが、小さい本棚やカラーボックスなどの場合はそのままでも運搬は可能です。
特にサイドボックス程度の大きさしかないものは中身が入ったままでもそれほどの重さにはなりません。
中身が飛び出たり、バラバラにならないようにだけしっかりと固定しておけば、中身を抜いたり解体したりせずにそのまま運搬することができるでしょう。

・大型の本棚は無理せず解体する
逆にあきらかに大きい本棚は無理せずに解体して運ぶようにしましょう。
入り口や廊下などが狭く、運ぶのに困難であるにも関わらず、無理して運んでも良いことはありません。
ぶつけた場所が破損する、壁紙が破れる、本棚が壊れるというようなことがあるだけです。特に業者が解体した方が良いと判断したときは迷わずに解体して運びましょう。

・本棚だけの引越しを対応している引越し業者はある?運送屋とどっちがおすすめ?
家具だけを送るというのであれば引越し業者を使わずに運送屋を使うという方法もあります。
ヤマト運輸やアーク引越センター、赤帽などが候補に挙がります。
なかでもヤマト運輸などは家具を運ぶ専用のプランもありますので、料金を比較して選ぶというのも良いでしょう。
ただし引越し業者と運送会社では破損したときなどの補償内容が違ったり、引越しの距離によって大きく値段が変わったりすることがあります。
必ず見積もり段階でそれらをはっきりさせてから依頼する必要があります。

・クロネコヤマト「らくらく家財宅急便」
①梱包 ②搬出 ③輸送 ④搬入 ⑤開梱設置 ⑥廃材回収(荷物梱包材の回収なので原則搬入先のみ)までを行ってくれる家具の運送です。
大きさごとにランク分けされているので料金が明確になるというのがメリットです。
運送のプロですので評判も悪くはありません。
本棚単体を送るというのであれば引越し業者を使うよりもかなり安く運べますが、他にも大量にものを運ぶのであればすなおに引越し業者を利用した方が安いです。
クロネコヤマト「らくらく家財宅急便」:
http://www.008008.jp/transport/kazai/

・格安引越し業者の通常プラン
特にオプションなどをつけない標準プランでは大手引越センターのものが安くて評判も良くなっています。
たいていこういった業者の通常プランとしては「単身用」と「ファミリー用」があり、
「アート引越センター」「アーク引越センター」「アリさんマークの引越社」「ハート引越センター」「サカイ引越センター」などが標準的なプランを公開しています。
だいたいが単身用で25000~35000円ほど、ファミリー用で50000~70000円ほどとなっています。
もちろん荷物の多さなどによって料金は変動することがありますので必ず事前に確認しておきましょう。

・ファミリー引越センター「単品輸送便」
一人暮らしの人や荷物の少ない学生、それほど広くない部屋などに向いているプランです。
梱包などもすべて行ってくれるプランや、小さいものは自分で運んで大きいものだけ任せるというプランなど多種多様なプランがあるのも人気となっています。
「単品輸送便」では家具一つ、冷蔵庫一つなどでも運ぶことができます。
荷物の多さや運んでほしいものをよく選んで使用しましょう。
ファミリー引越センター「単品輸送便」:
https://www.505555.jp/menu/single/

・本棚だけの引越しの料金相場
本棚一つだけを送りたい場合でも本棚の大きさによって料金は変わってきます。
人の身長よりも大きいような170、180cmを超える高さの本棚であれば安いプランでも1万円を超えてきます。
逆に小さいサイズのものであれば5000円程度となっています。
これも引越し業者によって値段はまちまちですので、事前に調べておきましょう。

・見積り依頼するのはここがおすすめ!
引越しは値段だけでなく「補償」「速さ」などの要素も重要になってきています。
単純に安いだけの業者はそういった補償がなかったりすることもあるのです。
そう考えれば、「アート引越センター」「アーク引越センター」「アリさんマークの引越社」「ハート引越センター」「サカイ引越センター」などの業者は常に人気ランキングで上位にきています。
こういった業者を選ぶのが無難と言えるかもしれません。

・面倒な時はリサイクル業者や不用品の買取業者に買い取ってもらうのも手
いらない場合はリサイクル業者や不用品の買取業者に買い取ってもらうという方法もあるのですが、本棚の場合はなかなか難しいという現状があります。
ほとんどの場合、中古の本棚には値段がつかずにゴミとして扱われます。
それだけのために引き取りにきてくれる業者もなかなかありませんので、タイミングが合えば利用する程度に考えておいたほうが良いでしょう。

  • 本棚は高く売れにくい
  • 本棚だけのためには引き取りにきてくれない
  • 結局ゴミになることが多い
営業電話なしで引越し業者を見積もれます

suumoの引越しなら

電話番号の登録がないのでしつこい電話営業なしで一番安い引越し業者が探せます

もちろんキャンセル可能でキャンセル料金なし、見積もりをとるだけでもokで、無料で引越し見積もりをとれます。
suumoの引越し
suumoの引越しはこちら(無料)
引越し侍ならでお引越し

テレビCMでも話題引越し侍

引越し侍なら230以上の業者と提携中の為、安い引越し業者を探す事が可能です。

引越し侍
引越し侍公式サイトはこちら

引越し侍の評判と口コミは最悪?電話がしつこいなら着信拒否。インターネットキャンペーンは豪華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です