引越しの仏滅と大安どっちの料金が安い?割引で安くなる!荷物を格安で運べる

引越しの仏滅と大安どっちの料金が安い?割引で安くなる!荷物を格安で運べる
新しい土地での新しい生活は良い気分で迎えたいですよね。

結婚式にも縁起の良さを選んで「大安」か「友引」の日に決める方が多いですが、引越しも日取りが気になる方も多いです。

何気なく決めた引越しの日取りが仏滅だったら「まあいっか」と思いますが、周りから「縁起悪いよ」と言われたら気になってしまいますよね。

そこで今回は、引越し日ははやり大安にするべきか、仏滅は避けたほうが良いのか、気になる値段の違いについてもみていきましょう。

引越しにまつわる六曜(ろくよう)

引越しにまつわる六曜(ろくよう)
結婚式やお葬式などの冠婚葬祭では、縁起の良し悪しがはっきりしている「六曜(ろくよう)」を気にされて日にちを決める方は多いです。

六曜は元々中国の占いであり、日本では江戸時代の末期に、庶民の間に定着されていったのです。

そして、新しい生活のスタートである引越しの日取りも六曜を参考にして引越し日を決定される方もいます。

六曜と引越し日の関係、それぞれの意味と吉凶についてみていきましょう。

六曜と引越し日 意味と吉凶
大安(たいあん) ・大いに安しの意味

・六曜の中で最も縁起が良い

・引越し料金は高め

・引越し業者の予定が埋まりやすい

・人気の日取り

先勝(せんしょう、さきかち) ・先んずれば勝つの意味

(万事に急ぐのが良い)

・午前中は吉、午後は凶

・午前中だけの短時間の引越しは吉

友引(ともびき) ・凶事に友を引くの意味(友を引き寄せないよう葬儀を慎む日)

・勝負ごとは引き分ける日

・朝は吉、昼は凶、夕は大吉

・引越しは朝から開始、昼は休憩、夕方に再開が吉

先負(さきまけ、せんぷ) ・先んずれば負けるの意味(勝負ごとはなるべく避けて静かにする)

・午前中は凶、午後は吉

午後から引越しは吉

赤口(しゃっこう、しゃっく、せきぐち) ・赤口は縁起がよくないものを連想させる

・火事や刃物は要注意な日(赤は火や血のイメージ)

・祝いごとには大凶

・仏滅と同じくらい引越しを避ける

仏滅(ぶつめつ) ・仏も滅亡する最悪な日

・すべてが凶

・引越し料金安め

・祝いごとや新しいことは凶

・引越しは避ける日

・通常より安い料金にする引越し業者もあり

引越し日は六曜を参考にして、引越し向きの大安は人気があり、そうでない仏滅は不人気となります。

そのため、引越し業者でも大安の日はラッキーな運気を授かりたい方が選ぶため、依頼が集中しやすくなるので、前もって予定する必要があります。

引越し業者の中には、年間カレンダーの予定表に先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の文字が記載されており、それを元に空き状況を予測して料金が決定されます。

個人によって縁起を重視する人とあまり気にしない人もいて、世代によっても違いはありますが、今でも六曜を意識して冠婚葬祭などの日程を決定する方は多いようですね。

引越しの仏滅と大安どっちの料金が安い?

引越しの仏滅と大安どっちの料金が安い?
ここからは、気になる引越し料金は、仏滅と大安はどちらが安いのかみていきましょう。

日程 特徴
大安 ・引越し日として人気がある

・料金は高め

・縁起の良さを気にする方

仏滅 ・引越し日として人気なし

・料金は安い

・お得度を優先する方

仏滅の方が引越し料金が安くなるなら、仏滅を選びたいという方も多いでしょう。

引越し業者によりますが、大安は引越ししたい人が増えるので料金は高めとなり、引越しを避けたい人が多い仏滅は安めの設定となります。

大安の日には何をするにも吉なので、人生において節目となる引越しや結婚、起業にも向いています。

気分的な問題かもしれませんが、「今日は大安だから」というだけで運気がアップするならば大安を選びたいですよね。

ただし、多くの人が仏滅よりは大安に引越ししたいと思っているので、引越し業者にとっては稼ぎ時となり忙しくなるのです。

つまり、頑張って営業しなくても大安というだけでお客さんが予約をしてくれるので、値段は高くなっています。

その反対に仏滅はは何をするにも凶ですから引越し日も避ける方が多いので、料金は安く設定されています。

引越し業者にとっては頑張って営業しないと予約が埋まらない日なので、料金を引き下げて依頼の件数を増やすために努力しています。

引越し費用は少しでも安くしたい!という方はあえて仏滅を選んで値段交渉してみるのも良いですね。

ただし、引越し業者スタッフによれば、3月の繁盛期や土日祭日などは仏滅でも料金は変わらず、むしろ標準より高くなることもあるので、
一概に「仏滅は100%安い!」というわけではありません。

まずは、一括見積もりサイトなどを利用して、料金を比較してから値段交渉してみましょう。

引越しの友引・赤口はどう?

引越しの友引・赤口はどう?

日程 特徴
友引 ・結婚の引越し向き

・料金は普通

赤口 ・縁起が悪い日

・引越しに不向き

・料金は普通

大安は演技が良いけど高く、仏滅は縁起は悪いけど安いとわかりましたが、友引・赤口はどうでしょうか?

友引・赤口はどちらも値段は普通だとわかりました。

しかし、六曜を当てはめて引越し日を考えると、仏滅と友引・赤口も避けるため、大安しか選択肢がなくなり、ほとんど日にちが選べなくなってしまうのです。

ですから、縁起の良さを気にする方も仏滅だけは避けるようにして選ばないと、日程を決められなくなるので注意しましょう。

引越しするならやっぱり大安が良いの?

引越しするならやっぱり大安が良いの?
六曜の中でも大安は縁起が良く人気があるので料金が割高に設定されています。

引越し業者には、値段が安い条件と高い条件があり、大安だけが高い条件ではなく、時期や曜日、時間帯によっても料金が変わるのです。

では、引越し料金が高くなる条件をみていきましょう。

▼引越し料金が高い条件

料金の高い六曜 大安
料金が高い時期 3月(9月~10月、1月~4月も高い)
料金の最も高い曜日 土・日(金曜・祝日も高い)
料金の高い時間帯 午前
料金の高い距離 長距離

上記の表で高い引越しを考えてみると、長距離の荷物が多い引越しを3月の大安で週末、そして午前中に依頼するとMAX高くなるというわけです。

そして、引越し費用を抑えるためには短距離の荷物が少ない単身引越しで繁盛期を外した仏滅を選び、午後の平日に依頼すれば安くなります。

引越し見積もりは依頼してみないと正確な金額はでないため、複数の一括見積りをして比較してから値段交渉をしましょう。

仏滅の引越しは荷物を格安で運べるけど止めたほうが良い?

仏滅の引越しは荷物を格安で運べるけど止めたほうが良い?
仏滅の引越しは荷物を格安で運べるけど止めたほうが良いのかチェックしましょう。

仏滅の引越し 内容
仏滅の特徴 ・人気がない日

・繁盛期と土日祝日は仏滅でも高い

料金 ・安く設定する業者もある

・縁起の悪さを気にしなければ安上がり

・近年は通常料金の業者が多い

誰でも縁起が良い日に引越しをして運気をアップせたいと考えます。

しかし、どうしても仏滅の日にしか引越しできない方、知らずに仏滅の日を予約してしまった方もいます。

「仏滅なんてそんなの気にしないよ」と思っていても人に「縁起が悪いよ」と言われると気になってしまいますよね。

引越し作業スタッフによれば、大安でも仏滅でも引越し作業内容は変わらず、これまで何か変わったことや不気味なことが起こったかと聞くと、「そんなことはない」と答えています。

つまり、仏滅に引越しをしても奇妙なことが起こるとか縁起が悪いことが起こるという心配はありません。

特に現代では、仏滅の引越し予約件数は大安以外の日と比べて極端に減ることもなく、気にしない方が多いようです。

単身引越しや家族の引越しで仏滅を過剰に反応して避ける方は少ないということです。

ただし、 結婚を機にする引越しや新築の家への引越しは、演技の悪い仏滅を避ける傾向があるというのも事実なので、今でも仏滅は避けられていると言えます。

あえて仏滅に引越ししたいという方はほとんどいませんが、大安よりも引越し料金が安くなると聞けば、お得に引越しできる仏滅でも良いかな、と思う方も多いでしょう。

仏滅に引越しをするとどれくらい割引になるかは繁忙期か閑散期かによっても異なりますし、平日や週末によっても変わります。

結論!引越し日の六曜を気にするのは本人次第

結論!引越し日の六曜を気にするのは本人次第
日本人は人生の転機となる大イベントの結婚や引越しでは縁起の良し悪しが決まる六曜を参考に日にちを決める傾向にあります。

ただし、引越しの日程を決める際に大安など縁起の良い日を選ぶか、または気にしないかは本人次第と言えます。

六曜は大安、仏滅、友引、先勝、先負、赤口ありますので、大安だけを選ぶと選択肢が減るため、希望通りの引越しができなくなることもあります。

引越し日は六曜を参考にするのも良いですが、それだけで判断するのではなく、いくつか希望日を選んで、料金と空き状況を業者に確認して適切な日を検討するといいでしょう。

引越し業者の繁忙期は引越しシーズンと呼ばれる2月から4月頃ですので、この時期は仏滅でも料金は高くなるので、あまり六曜にこだわり過ぎないほうが良いです。

繁忙期に引越しを予定されている方は、仏滅を気にし過ぎると最終的に引越しできない事態になるので注意しましょう。

2月から4月頃は早めに予約を抑えないとどの業者も忙しいので、予約が取れなくなってしまうからです。

繁盛期は仏滅だからというだけで大幅な値引きをしてくれる業者はほとんどないのです。

引越しは土日祝日にしたい人も多いですから、少しでも費用を抑えるなら平日を選ぶと値段交渉もしやすいのでおすすめですよ。

まとめ

今回は、引越しの仏滅と大安どっちの料金が安いのか、仏滅はどれだけ割引してもらえるかなど六曜と引越しの関係についてみていきました。

引越しの日程を検討する際には、大安や仏滅をどこまでこだわるかは本人次第と言えます。

新築一戸建ての引越しだから引越し料金が多少高くても大安!という方もいますし、単身引越しだからあえて仏滅を選んでお得に引越したいという方もいるのです。

自分で決められない方は、引越し業者に電話で何を重視して選びたいのか、予算はどれくらいかを相談してみると良いですよ!

引越し業者の見積もりと相談は無料なので、気になる業者があれば、大安と仏滅の料金の差も教えてもらえます。

ぜひ、引越しの日程を決める際の参考にしてみてくださいね。

営業電話なしで引越し業者を見積もれます

suumoの引越しなら

電話番号の登録がないのでしつこい電話営業なしで一番安い引越し業者が探せます

もちろんキャンセル可能でキャンセル料金なし、見積もりをとるだけでもokで、無料で引越し見積もりをとれます。
suumoの引越し
suumoの引越しはこちら(無料)
引越し侍ならでお引越し

テレビCMでも話題引越し侍

引越し侍なら230以上の業者と提携中の為、安い引越し業者を探す事が可能です。

引越し侍
引越し侍公式サイトはこちら

引越し侍の評判と口コミは最悪?電話がしつこいなら着信拒否。インターネットキャンペーンは豪華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です